就職・転職に強い宅建!

宅建は、誰もが知っている人気資格です。正式名が、宅地建物取引主任者といって、 毎年20万前後の受験者数を誇る日本でもTOPクラスの資格試験となります。

宅建の特徴として上げられるのが、就職・転職に強いことです。
一般的に宅建は、不動産会社というイメージがありますが、実は宅建受験者の8割は、 不動産とは関係のない人達なのです。 それ以外にも住宅メーカーや銀行、保険会社など多くの企業から重宝されています。 不動産というのは、どの企業にとっても活動の拠点となる重要な役割があるので、 その知識が必要となるのです。

それでは、宅建の有資格者は、普段どんな仕事をしているのでしょう!
不動産会社で言えば、仕事内容は一般の社員と何ら変わりません。 ただ、違うのは宅建有資格者しか出来ない仕事があるということです。

例えば、不動産の売買や物件の賃貸の仲介をした際、契約時には重要事項の説明をしなければなりません。その物件や不動産の設備状況、敷金・礼金・保証金などについてです。
この説明をすることが出来るのが、宅建の有資格者だけなのです。
またそれ以外にも宅地建物の取引を行なう会社では、各事務所に5人に1人の割合で、 宅建有資格者を配置しなければいけない決まりもあります。

このように宅建という資格はとても重要な役割を果たすのです。 企業によっては、仕事の経験がまったくなくても資格を持っているというだけで、 採用してくれる場合もあります。

また、宅建の特徴はそれだけではありません。 資格手当てが支給されるメリットもあります。
金額は企業によってまちまちですが、 1万円~3万円くらいが相場だと思います。
これは年間数十万円という固定給になりますので、 昇給することが難しい今の時代ではありがたい収入源です。

但し、行政書士や社会保険労務士のような独立開業型の資格ではないので、 会社の従業員として稼げる額はある程度限界があります。
一昔前のバブルの時代は、不動産やマンションが面白いように売れて、そこから得られる手数料もかなりの額でしたが、今の時代そうはいきません。
それでも稼いでいる人達は、幅広く仕事がこなせる宅建という資格の特徴を活かし、 顧客をしっかりとサポートして多くの契約を貰っています。

宅建は、不動産不況といわれているこのご時勢でも高い人気を誇り、尚且つ就職・転職に有利になります。 どんな仕事に就くにせよ、宅建という資格を取得して決して損はありません。

続きは(宅建の難易度)コチラ



通信講座人気NO1

フォーサイト

ハイビジョン撮影したDVD講義は、通信講座でフォーサイトのみ。その他にも出題範囲を的確に絞ったフルカラーのテキストやe-ラーニングなど充実した講座を提供!受講料も広告宣伝しない代わりにかなりお得になっています。さらに通信講座では、唯一公式に合格率を発表しており、どの資格も全国平均の1.5倍以上。詳しくはコチラ

行政書士
社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー
宅建士